e接触アプリが利用スタート

  • 2020.06.22
  • ニュース/ニュース

大阪公明ニュースカテゴリ+

[画像]メインイメージ

 

 今月 19 日から、新型コロナウイルスの「接触確認アプリ」(COCOA)の利用が始まりました。

 アプリをスマホにダウンロードすると、同じアプリの利用者が 1 メートル以内に 15 分以上い た場合に、ブルートュース(無線通信)機能で接触情報を交換し、14 日間記録します。

 そして、アプリの利用者が新型コロナウイルスに感染した場合は、記録された相手先に濃厚接触 の疑いがあると通知される仕組みになっています。

 プライバシーも配慮されていて、利用者や陽性者は特定されません。14 日間経過すると接触の 情報は自動で削除されます。

 このアプリは、お互いに利用していないと接触データが記録されないため、多くの人に普及できるかが課題となります。利用者が増えることにより、感染拡大防止につがりますので、ぜひご活用ください。

 19 日からは、都道府県をまたぐ移動も解禁されました。再度の流行を招かないよう、今後も「3 密」回避を心がけ、手洗いなどの徹底やマスクの着用といった「新しい生活様式」を実践してい きましょう。

接触確認アプリ利用者向けQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00009.html


↓アプリのダウンロードはこちら↓
iPhone の場合(App Store)

月別アーカイブ

月別アーカイブ+

iこのページの先頭へ