e関西3府県 緊急事態宣言解除 大阪府 休業要請を大幅緩和

  • 2020.05.22
  • ニュース/ニュース

大阪公明ニュースカテゴリ+

[画像]メインイメージ

 


 大阪、京都、兵庫の関西3府県で緊急事態宣言が解除されました。これを受け、大阪府は昨夜、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した施設を除き、休業要請の大幅解除を決めました。要請解除は、あす23日午前0時からです。

 
 夜10時までとしている居酒屋を含む飲食店への営業自粛要請はすべて解除。さらに、床面積が1000平方メートルを超える施設(ネットカフェ、屋外プール、遊園地、展示施設など)への休業要請については、感染防止対策を徹底したうえで解除となります。

 
 学校については、6月1日から分散登校で再開。6月15日からは部活動も含めてほぼ通常の形で再開します。このうち、小学6年生、中学3年生、高校3年生については、今月25日から一部の授業を再開させます。


 一方、屋外で200人、屋内で100人を超えるイベントは自粛を求めるほか、スポーツジムやライブハウスなど、クラスターが発生した施設については、休業要請を継続。府は29日までに解除するか改めて判断する方針です。


 ここまで感染を抑え込めたのは、お一人お一人のご協力があったからこそです。引き続き、①「3密」を避ける②マスクの着用③人との距離を保つ――この3つの徹底が重要です。
感染拡大を防止しながら、社会経済活動を再開させていく「新たな日常」を取り戻すため、公明党は全力を尽くしてまいります。


【休業要請を解除する対象施設】
※23 日午前0 時から適用
◇体育館、ボウリング場などの屋内運動施設
◇集会場、公会堂、展示場、多目的ホールや文化会館
◇床面積1000 平方㍍超のネットカフェ、パチンコ店、ゲームセンター、テーマパーク、遊園地など
◇居酒屋を含む飲食店(営業時間の制限を撤廃)


【休業要請を継続する対象施設】
ナイトクラブ、バー、カラオケ店、ライブハウス、スポーツジムなど
新型コロナ防ぐ 新しい生活様式

(公明新聞5 月22 日付 公明党大阪府本部Twitter より)
https://twitter.com/OsakaKomei/status/1263674065048309761?s=20

月別アーカイブ

月別アーカイブ+

iこのページの先頭へ