e大阪府 休業要請を段階的解除 引き続き不要不急の外出自粛を

  • 2020.05.16
  • ニュース/ニュース

大阪公明ニュースカテゴリ+

[画像]メインイメージ

 

 大阪府はきょうから、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を段階的に解除しました。

 独自に設けた解除基準「大阪モデル」を7日間連続で満たしたことから、14日の対策本部会議で決定。業種別の具体的な感染防止マニュアルも策定しました。

 
 解除されるのは、▽劇場や映画館、演芸場▽大学などの教育施設▽博物館、美術館、図書館▽商業施設▽一定の条件を満たしている遊興施設、運動施設、遊技施設などです。

 居酒屋などの飲食店は、営業時間を午前5時から午後8時までに制限していましたが、午後10時までに緩和。午後7時までとしていた酒類の提供も午後9時まで認められます。

 一方、全国各地でクラスター(感染者集団)が発生した接客を伴う夜の飲食店、ライブハウス、スポーツクラブ、ボウリング場などは休業要請を継続します。
大阪府への政府の緊急事態宣言は継続されていることから、府民に対しては引き続き、旅行や帰省など府県をまたいだ移動や「3つの密」回避を求めています。


 また、イベント開催は場所や規模にかかわらず自粛を要請しています。
感染拡大防止と社会経済活動の両立へ、公明党は徹して現場の声を政策に反映させ、府民の皆さまの命と暮らしを守り抜いてまいります。

【参考URL】
業種別感染防止マニュアル(大阪府)
http://www.pref.osaka.lg.jp/shobobosai/kakudaiyobou/index.html

月別アーカイブ

月別アーカイブ+

iこのページの先頭へ