• s
  • お知らせ
  • 住民投票の結果を受けて佐藤府代表会見

f住民投票の結果を受けて佐藤府代表会見

  • 2015.05.18

大阪市で実施された大阪市廃止・特別区設置の協定書の賛否を問う住民投票について「反対多数」との結果が出ました。

今回の住民投票は、大阪府が大阪都になる大阪都構想が問われた住民投票ではなく、大阪市を廃止し5つの特別区を設置するとの記載がされた協定書の賛否が問われた住民投票であり、公明党は住民投票の告示日以降、大阪市民の皆さまへ、今回出された協定書への「反対」の立場として、連日、全力で訴え抜いて参りました。


結果、「反対」が多数となったことは、大阪市民の皆さまが、大阪市を残し、更に発展させたいとの強い意志が生んだ結果と捉え、明日以降で党内でも今後の打合せを行い、大阪市会、大阪府議会において、大阪の景気・経済回復、住民サービスの更なる向上へ全力をあげ、公明党が先頭を切って、新たな大都市制度のあり方を示して参りたいと思います。

月別アーカイブ

iこのページの先頭へ